エンジョイライフ

毎日が楽しくなるような情報を発信していきます!

エンジョイライフ

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

2017年06月18日 [ 住みやすい 地域 横浜 ]

横浜は東京に近いし、おしゃれなイメージだけど住むにはどんな所が良いの?

横浜市は、神奈川県の県庁所在地です。

横浜市地図

 

横浜市は18の区に分かれ

人口は3,712,170人(平成27年4月1日)で

全国の人口密度ランキングでは1位となっています。

 

横浜駅は

JR、市営を含め6社の鉄道会社が乗り入れ

一つの駅に乗り入れる数としては日本最多です。

 

横浜駅経由で各路線が各方面に走っているので

利用者が多く、いつも人でいっぱいです。

 

横浜市に住みたいと思っているあなたに

お勧めの区を走る沿線の様子を

お伝えしたいと思います。

 

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

便利でお洒落な横浜駅周辺 西区・中区 

横浜駅は西区になります。

駅周辺は、お洒落なお店がたくさんあり

横浜駅前には

人気のお店が一通り入っているデパートがあり

ドンキ・ホーテや家電店もあるので

必要な物はすぐ手に入ります。

 

居酒屋もたくさんあり、友だちと集まって飲んで

飲んだ後もすぐに家に帰ることができ便利です。

 

東京方面にも横浜駅で乗り換える必要がないので

あまり時間をかけずに行くことができます。

 

西区の家賃相場は

3DK 13,7万円

1K    6,9万円  ですが、

緑区になりますと

3DK  9,4万円

1k   6,0万円  です。

(suumo 家賃相場情報から)

 

西区はやや高めですが

交通費の面で節約できれば

安くつくこともあります。

 

中区は、JR線、みなとみら線が通り

中華街、山下公園、元町商店街、三渓園、等

横浜市の観光スポットが集った区です。

 

西区、中区は

タワーマンションも多くあり

高級志向のイメージが強いところです。

 

安全面については

駅前は人が多いのですが

裏通りは人もまばらなところもあります。

 

どこでも言えることですが

深夜の女性の一人歩きは

控えたほうがよいでしょう。

 

「買い物が好き」

「みなとみらいの夜景や

お洒落な横浜を満喫したい」

「東京にも良く出る」

そんな方にはお勧めのエリアです。

 

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

子育て世代が住みやすい神奈川区

神奈川区は商業地区でありながら

閑静な住宅地とも言えるところです。

 

通勤や通学に便利で

鉄道はJR線のほか

東横線、京急線も通っています。

 

また、程よい下町感があります。

 

2世帯、3世帯同居の家庭も多く

地元の商店街やラーメン屋などが多いところです。

 

業務スーパーや

チェーン展開している格安ドラックストア

などもあり

生活費が抑えられるメリットがあります。

 

病院、小・中学校が多いことも

子育て世代には

ありがたい環境といえるでしょう。

 

マンションやアパートも

築年数の割には

家賃が安い物件が多くあります。

 

横浜駅に近い地域としては

条件の良い物件を探しやすいです。

 

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

渋谷に出る人に便利 青葉区・緑区

渋谷方面に通勤、通学するには

田園都市線の通る青葉区は

とても便利な所です。

 

青葉区民は東京(渋谷)に

通勤通学している人が多いことから

横浜都民などと言う人もいますね。

 

青葉区は家賃や物価が

近隣地域よりやや高めです。

 

横浜へは遠くなりますが

都心(渋谷)に近いということで高くなります。

 

それで、家賃等を押さえたいのであれば

緑区がお勧めです。

 

青葉区よりも

渋谷へはやや遠くなりますが

家賃や物価は安くなります。

 

緑区はJR横浜線、田園都市線が通っていて

横浜や八王子方面への移動が便利です。

 

JRと田園都市線が入る長津田駅周辺は

急激に開発が進んでいる地区で

人口が増加傾向にあります。

 

駅の周りにはスーパーや病院など

生活に必要な施設が整っています。

 

これからも

ますます便利になっていくところですが

田園都市線への乗り換えができ

渋谷まで1時間以内で行ける所なので

朝夕はとても混雑しています。

 

また、駅から離れてしまうと

山林が多く、夜は寂しくなってしまい

女性の一人暮らしには向いていません。

 

女性で一人暮らしをしたい方は

駅から徒歩圏内をお勧めします。

 

夜が遅くなるなら

十日市場駅がお勧めです。

 

駅前に環状4号線が通っていて寂しくありません。

 

安売りのスーパーも多くあり

気楽に住める良さがあります。

 

横浜線沿線の新横浜駅に

東海道新幹線の駅や

日産スタジアムや横浜アリーナが

あることも魅力です。

(新横浜駅は港北区になります)

 

緑区は、家賃も横浜中心部より安く

商業施設も整っています。

 

落ち着いた環境があり

東京方面に出るのも

横浜へ出るにも便利な所です。

 

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

都心に近く暮らしやすい港北区

港北区は東横線、JR線が通っています。

 

渋谷にも横浜にも

新幹線の駅の新横浜までも

みな20分前後で行けてしまう

大変アクセスの良い地域です。

 

川崎市の武蔵小杉は再開発が進み

駅ビルやショッピングモールが造られ

高層ビルも多く建設されています。

 

横須賀線も停車するようになって

便利になり

住んでみたい街ランキングトップ5に

入るようになりました。

 

それだけに、家賃も高いので

武蔵小杉より少し横浜寄りの

大倉山、日吉(横浜市内です)

をお勧めします。

 

武蔵小杉のように知名度はありませんが

環境がよく

家賃も武蔵小杉より安くなります。

 

大倉山は、鶴見川まで10分弱。

川沿いは

散歩やジョギングをする人には

とても良い環境です。

 

横浜アリーナまでも徒歩20分ほどです。

 

区役所、税務署、年金事務所、警察署、法務局

などの公共施設が集中的に配置されていて

とても便利です。

 

治安も良い方ですが

バスが通る道路が狭く注意が必要です。

 

日吉には慶応義塾大学があり

その影響か、上品な雰囲気があります。

 

自然も多く、ショッピングにも便利です。

 

また、比較的値段の高いマンションが多いので

経済的に裕福な層が多いためか

治安はよいです。

 

しかし、綱島街道に面している所では

排ガスや騒音がひどく

窓が開けられなかったという口コミがありました。

 

ここでなくても道路に面していると

このような問題はありがちですが

交通量が多いことは確かなことです。

 

横浜市で住みやすい地域はどこ?お勧めしたい区の沿線の様子から紹介

まとめ

横浜市は広いので

全部お伝えすることはできませんが

お勧めのエリアを紹介してみました。

 

地域ごとにいろいろな特徴があり

良い点、悪い点もあるかと思いますが

いろいろな特徴があるだけに

自分に合った、ピッタリなところが

必ず見つかると思います。

 

是非、良い所をみつけて

横浜に住んでください。

横浜は良い所、住みやすい所と

思っていただけると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です