エンジョイライフ

毎日が楽しくなるような情報を発信していきます!

エンジョイライフ

カビが発生しやすい風呂場のお手軽カビ防止対策・カビの弱みを叩け!

2017年05月29日 [ カビ 掃除 防止 風呂場 ]

毎日使うお風呂場にカビが!

毎日掃除をしているにも関わらず

いつの間にか生えているカビ。

 

カビが生えてくると

掃除がものすごく面倒です。

 

できるだけ手間をかけずに

カビの発生を予防する方法はないでしょうか?

 

カビが発生しやすい風呂場のお手軽カビ防止対策・カビの弱みを叩け!

カビはどこから来るの?

カビはどこからやって来て

どうやって繁殖するのでしょう。

 

カビの胞子は目には見えないのですが

空気中に含まれています。

 

その胞子が

風に飛ばされ、たどり着いた場所で

水分や栄養分を取り込んで成長し

植物のように発芽します。

 

成長したカビは、

新しいカビ胞子を空気中に飛ばし

どんどんと繁殖していくのです。

 

このように

カビの”元”が空気中に

たくさん漂っているので

カビの原因そのものを断つというのは

かなり難しいです。

 

しかし、

カビの胞子が発芽し成長するためには

いくつかの条件があります。

 

この条件(弱み)を叩くことで、

カビの発生をかなり抑えることができます。

 

カビが発生しやすい風呂場のお手軽カビ防止対策・カビの弱みを叩け!

カビの弱みを叩け!

 

カビの弱みを叩くには、

カビにとって快適な条件を取り除くことです。

 

カビにとって快適な条件とは

 

1、湿度

湿度80%以上だと

非常にカビが生えやすくなります。

 

2、温度

20~30度くらいがカビの好む温度です。

ちょうど春~夏にかけての

温かくなる時期の気温です。

 

3、栄養

カビの栄養というのは

汚れやホコリの中にあるタンパク質です。

 

[温度と湿度と栄養]

お風呂場は

この3つの条件が整っています。

 

高温多湿な室内、

アカや石けんカスに含まれるタンパク質

この条件を抑えれば

カビの繁殖もかなり抑えられます。

 

カビが発生しやすい風呂場のお手軽カビ防止対策・カビの弱みを叩け!

お風呂上りにできる

お手軽なカビ予防対策を教えます。

 

[お手軽カビ予防対策その1 栄養対策]

カビの栄養となるタンパク質は

浴槽や床に残った石けんカスや

アカから取っています。

 

これらをキレイに洗い流すことで

カビの栄養補給を

シャットダウンすることができます。

 

この時に、

カビの胞子は熱に弱いので、

50度以上のお湯を使いましょう。

 

(やけどに注意!)

熱めのお湯を使うことで、

汚れも落ちやすく、

胞子も死滅させ、

カビの発生を抑えることができます。

 

{お手軽カビ予防対策その2 温度対策}

温かいお風呂に入ると

どうしても浴室内の温度は

高くなってしまいます。

 

その浴室内の温度を下げるため

お湯でお風呂の汚れを落とした後、

冷水で洗い流します。

 

カビの好む温度のままに

しておかないことです。

 

{お手軽予防対策その3 湿度対策}

お手軽予防対策の最後は

いたって簡単です。

 

それは、換気扇を回すだけです。

とはいっても、

2時間ぐらい回すだけでは

ほとんど効果はありません。

 

できれば、一晩中回しっぱなしにするのが

最も効果的です。

 

窓があれば開けて、

浴室内の湿度を下げるようにしましょう。

 

カビが発生しやすい風呂場のお手軽カビ防止対策・カビの弱みを叩け!

まとめ

1、熱めのお湯で汚れを落とす。

2、冷水で温度を下げる。

3、換気扇、窓を開けて乾燥させる。

 

この3つをお風呂上りにするだけで

カビの発生を

グッと下げることができます。

 

毎日するのは、

ちょっと面倒かもしれません。

 

しかし、

カビが生えてしまったらもっと面倒ですし、

体に悪い影響を与えることもあります。

 

毎日のお風呂上りに一手間くわえて

キレイな気持ちのいいお風呂場にしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です