エンジョイライフ

毎日が楽しくなるような情報を発信していきます!

エンジョイライフ

日焼けも雨も気にせず子供と遊べるプール・神奈川県の屋内プール3選

2017年08月09日 [ プール 屋内 神奈川 ]

夏の子供のお楽しみと言ったらやっぱりプールですよね

夏休み真っ只中の子供たちは

もう、毎日どこかに行きたくて

仕方がないのではないでしょうか。

 

暑さを忘れて夢中になれるプールは

子供も大人もみんな大好き!

 

忙しい大人がやっと休みを作って

「さあ、プールに行こうね!」

と言ったら

雨、、、

でも大丈夫。

 

屋内プールなら雨だって

ママがいつも気にしている日焼けだって

へっちゃら!

 

また、水は温水なので

冷たい水が苦手な人も

安心して入れます。

 

温水といっても

お風呂のように

熱いわけではありませんので

ご安心ください。

 

更に、夏が終わっても

一年中楽しむことができます。

 

今回は神奈川県内にあり

安くて気軽に行ける

屋内プールを紹介します。

 

日焼けも雨も気にせず子供と遊べるプール・神奈川県の屋内プール3選

横浜市リネツ金沢

横浜市のごみ焼却で発生する熱を利用した

温水プールと入浴施設です。

 

八景島シーパラダイスや海の公園からも

歩いて行ける場所にあります。

 

東京湾に面し、開放感があり

大広間や軽食コーナーなどもあります。

 

プールエリアは

25mプール

児童プール(ウォータースライダー付き)

幼児プール(水深40cm)

アクアプール

 

児童、幼児プールでは

浮き輪を使うことも可能です。

ウォータースライダーは

それほど長くありませんが

スピードが出るので楽しめます。

 

小さい子は、親と一緒に滑ったり

着水するところで親に待ち受けてもらったり

という光景がみられます。

 

アクアプールでは

体に負担のかからない運動ができます。

 

浴場エリアは

サウナ、水風呂もあります。

 

プールの後にお風呂に浸かれるので

とてもさっぱりします。

 

プールとお風呂は同じ水(湯)の中ですが

お風呂でしっかり温まると

出てからの気持ちよさが違います。

 

オムツの取れていない子は

プールに入ることはできませんが

2階に48畳の広間があり

そこでお母さんと待ってることもできます。

 

そこから広大な海を眺めることができ

もちろんプールを見ることもできます。

 

持参したお弁当も食べられますよ。

 

水泳帽は必要ですのでお忘れなく。

 

子供料金 3才以上中学生 300円

大人料金                  600円

プールとお風呂のセットで利用すると

大人800円、子供400円

 

営業時間 9:00~20:00

定休日 毎月第4火曜日(7・8月は無休),年末年始

 

アクセス

<横浜市リネツ金沢>

横浜新都市交通シーサイドライン

「金沢八景」駅 または「幸浦」駅より15分

 

日焼けも雨も気にせず子供と遊べるプール・神奈川県の屋内プール3選

日産ウォーターパーク

新横浜の「日産スタジアム」の

東ゲートスタンド下にあります。

 

温水を利用した22種類のプールからなり、

「アクアゾーン」と「バーデゾーン」

に分かれています。

 

お子さんにオススメなのは「アクアゾーン」

ウォータースライダーや

流れるプール

ゾウさんのいる幼児プールなどもあって

子どもたちが

思いっきり楽しめるゾーンになっています。

 

流れるプールでは

小さなお子さんでも

浮き輪をつけて浮かんでいるだけで

泳いでいるような気分になれます。

 

しかも、途中に滝があったり

下から泡が出てくるところもあったりして

とても楽しいです。

日産WP1_042_R

また、浅いプールにある

象さんの滑り台も人気です。

 

ウォータースライダーは

約50mの距離があり

大人でも十分楽しめます。

 

「バーデゾーン」

 

バーデゾーンには16種類もの

プールや部屋があります。

 

こちらは遊ぶというより

健康増進によい感じで

プールによって

得られる効果が違うようです。

 

ジャグジー系のプールが多く

子供より大人向けの感じですね。

 

その中で、「アラカルトシャワー」は

四方八方から勢いよくシャワーが出て

シャワーで全身をマッサージされ

とてもほぐされた感じになります。

 

全身横になって、下からの水流でマッサージする

「レイドバックプール」は

日頃の育児の疲れを癒したいママにおススメです。

 

プールだけではなく

アロマの香りで癒される「アロマルーム」や

霧状に温水が吹き出ている「ミストルーム」や

上から落ちてくる水が

肩にかかりマッサージしてくれる

「ショルダープール」など

癒しの場所がたくさんあります。

 

あなたも入ってみて

一つひとつ効果を

確かめてみてはいかがでしょうか。

 

種類が多いので

すごく楽しめますし

気持ちが良いですよ!

 

オムツの取れていないお子さんは

プールに入れませんが

ウォーターパーク利用中に

こどもを預かってくれるサービスもあります。

(有料 平日のみ)

前日までに所定の登録手続きと

電話予約が必要です。

 

こどもからお年寄りまで楽しめてしまう

日産ウォーターパークに

一家揃って行ってみませんか?

 

なお、水泳帽は必要ですのでお忘れなくね。

 

子供料金

13歳未満250円/1時間

延長100円/30分

大人料金

13歳以上500円/1時間

延長200円/30分

 

営業時間 9:00~21:00 (日曜・祝日17:00まで)

 

休業日

毎月第3火曜日(祝日の場合は営業)

年末年始(12/29~1/3)、施設点検日等

※1月~3月は第4火曜日も休館

※7・8月は無休

 

アクセス

<日産ウォーターパーク>

・JR横浜線「新横浜駅」より徒歩14分

・JR横浜線「小机駅」より徒歩10分

・横浜市営地下鉄ブルーライン

「新横浜駅」より徒歩12分

 

日焼けも雨も気にせず子供と遊べるプール・神奈川県の屋内プール3選

横浜市高齢者保養研修施設「ふれーゆ

高齢者と名前にありますが

誰でも利用できます。

(オムツのとれていない乳幼児は不可)

 

総合施設としては比較的穴場

存分に楽しめると思います。

 

ベイブリッジを臨む港の突端にあり

プールだけではなく

別途料金または、セット料金を払えば

海を見ながら入れる大浴場も楽しめます。

 

室内温水プール

25mプール(水深110cm)

流水プール(水深105cm)

クアプール(水深90cm)

ジャグジー(水深80cm)

子供プール(水深40cm)が

建物の2階にあります。

施設2階フロアの案内図

こどもプールには滑り台がありますが

5歳まで、と制限があります。

 

大きめのお子さんが滑ると

監視のお兄さんに注意されます。

 

6歳を越えてもやはり

滑りたいですよね。

 

ウォータースライダーもないので

ちょっと広くして、もう少し

対象年齢を上げてくれると嬉しいのですが。

 

流れるプールではそれなりに長さもあり

滝や、滝のトンネルなどもあるので楽しめます。

 

浮き輪につかまって、浮かんでいれば

流れていくので楽ちんです。

 

浮き輪のレンタルはないので

もって行ったほうがよいですよ。

 

ジャグジーは温かくて

ずっと入っていたいほど

気持ちがいいですよ。

 

クアプールは

遊びをするというよりは

大人がプールでゆっくりするのにオススメです。

 

他のプールよりも、少し水温が高くなっています。

 

2階にはお風呂場も併設されています。

 

風呂場の窓からは

東京湾を眺めることができます。

 

プールで遊んだ後は、

お風呂でゆっくり体を温めて帰りましょう。

 

3階には広い畳の休憩スペースがあります。

 

テーブルの数も多く、奥の窓からは

プールの様子が見えるので

小さな子供を連れているママが待っているには

ちょうど良い場所ですね。

 

アイスクリームや軽食などの

自動販売機もありますよ。

 

ふれーゆには

食事を食べられるカフェもあり

ごみ焼却場の熱を利用している

植物園もあります。

 

植物園の室内は温度が高く

熱帯の植物などが植えられています。

 

あまり広くはありませんが

珍しい植物が見られるので

立ち寄ってみてください。

 

横浜市鶴見区にある室内プール『ふれーゆ』

 

プール・大浴場 共

子供料金 300円/2時間

大人料金 800円/2時間

シニア料金 500円/2時間

(プール、浴場セットで買うと200円引)

 

営業時間 4~9月 9:00~21:00

10~3月 9:00~20:00

 

定休日 毎月第2火曜日(7月・8月を除く)
施設点検日

 

アクセス

<横浜市高齢者保養研修施設「ふれーゆ」

JR鶴見駅、もしくは京急鶴見駅

バス乗り場8番から

<川崎鶴見臨港バス>鶴08系統

ふれーゆ行き乗車

終点ふれーゆにて下車

 

日焼けも雨も気にせず子供と遊べるプール・神奈川県の屋内プール3選

まとめ

夏は屋外プールも大盛況ですが

天候に左右されず

お楽しみエリアも豊富で

いろいろなシチュエーションに

答えてくれるのは

屋内プールの方かなと思います。

 

また、プールのシーズンが過ぎても

1年中楽しめるのも魅力ですね。

 

あなたも出かけてみて

気に入ったら

夏が過ぎても楽しめる所として

マークしておいてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です